乾燥が気になる季節!お肌のお手入れできていますか?

スポンサードリンク

冬の乾燥はお肌の大敵ですよね。

こまめに保湿クリームなどを塗っているにもかかわらずお肌のかさつきが気になる…。

乾燥する季節になるとお化粧のノリがイマイチ…。

そんなひとは体のなかから肌質改善をしてみては?

まずは日々の食事が大切!

お肌に良い栄養素はたくさんありますが、特に乾燥肌に効果があると言われるのはタンパク質、ビタミン(A・B・C・E)、セラミド、α-リノレン酸、亜鉛などがあります。

★タンパク質

タンパク質は角質細胞の生まれ変わりを促進しターンオーバーを正常にする働きや、セラミド、NMF(天然保湿因子)などのお肌に良い成分の生産を助ける効果があります。

⇒ターンオーバーって?

私たちの肌は、約28日間のサイクルで新しいものに生まれ変わります。

これを「ターンオーバー」といい、健康な肌を作るためにはこのサイクルを正常に保つ必要があります。

★ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜のうるおいを維持したり、新陳代謝を活発にする働きがあります。

ビタミンAが多く含まれている食材はレバー、サバ・イワシなどの青魚、乳製品、卵、緑黄色野菜、海苔、ワカメなど。

特に卵はコラーゲンの主原料になるアミノ酸が豊富。

コラーゲンの働きは年齢とともに低下していきますのでしっかりフォローしてあげる必要があります。

また、緑黄色野菜は各種ビタミン、βカロテンを豊富に含んでいるので、肌の保湿力を高めてくれたり肌のダメージ回復に効果があります。

★ビタミンB

ビタミンBもA同様に新陳代謝を活発にしたり、肌が乾燥することで起きる炎症を抑える効果が。

ビタミンBが多く含まれている食材は豚肉、レバー、卵、大豆、納豆など。

★ビタミンC

ビタミンCは乾燥肌を防ぐために必要なコラーゲンの生成を促す効果や、抗酸化作用(皮膚の老化や炎症を進める血液中の増えすぎた活性酸素を除去する働きのこと)を促進する効果に期待ができます。

ビタミンCが多く含まれている食材はパプリカ、レモンなどをはじめとする野菜やフルーツなど。

★ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用や、シワ・たるみなどの老化を引き起こす過酸化脂質を分解する働きがあります。

ビタミンEが多く含まれているのはゴマ、アーモンドなどのナッツ類、大豆、アボガドなど。

ナッツ類には豊富な脂質やビタミンB群、Eが含まれているので女性ホルモンの働きを助けて肌の保湿に効果があります。

★セラミド

セラミドには皮膚へのダメージを防ぐ働きや、角質層の水分を留める働きがあります。

コンニャクや大豆、黒豆などの豆類、ひじきなどに多く含まれます。

大豆は女性ホルモンを増やす効果があるため、美肌や月経を整える効果なども同時に期待できます。

★α-リノレン酸

α-リノレン酸は細胞膜を作る原料になり、セラミドを作る原料ともなるためお肌の力強い味方です。

α-リノレン酸はアマニ油・シソ油(エゴマ油)・魚油などに含まれます。

★亜鉛

亜鉛は細胞分裂に必要な酵素を働かせる助けをします。

亜鉛は牡蠣、赤身の肉、卵黄、チーズなどに多く含まれます。

せっかくなら美味しく栄養補給!

乾燥肌に良い栄養素は、身近で手に入る食材から手軽に取れそうですね。

今はネットでも美肌に効果の期待ができる料理などが多く紹介されているので、それを参考に自分用のオリジナルレシピを考えてみるのも楽しそうですね。

また、サプリメントなどで補ってあげることでも効果に期待ができそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です