一生懸命ケアしているのに肌がヒリヒリする!その原因とは?~確認編~

スポンサードリンク

お肌が乾燥する季節、お肌がカサカサにならないようにしっかり保湿クリームなどを使用してお手入れしているはずなのに、「肌が赤みを帯びてヒリヒリする」「なんだかかゆい」というお肌トラブルに悩む方も少なくないはず。

そんな肌荒れの主な原因は、肌が薄くなることと炎症を起こしていることです。

どうしてしっかりケアしているのに肌トラブルが起こってしまうのでしょう?

今回はそんなお肌の悩みについて確認してみます。

どうしてヒリヒリしたり、かゆくなったりするの?

お肌の炎症は、皮膚の菲薄化(皮膚が薄くなること)によって肌が外敵から刺激を受けることが原因。

菲薄化によりお肌の免疫力が落ちることにより、ニキビや肌荒れなどの炎症が起こります。そうすることでヒリヒリしたり、顔が赤みを帯びたりします。また、毛細血管が浮き出て見えることで余計に赤みを帯びて見えてしまいます。

炎症そのものは外敵から私たちの体を守るための免疫反応なので必要ですが、これが過剰に働きすぎてしまうとお肌の赤みやかゆみを引き起こすため、まずはお肌が薄い状態を改善することが重要です。

皮膚が薄くなる原因って?

生まれつき皮膚が薄い人もいますが、実は誤った洗顔方法などで自分自身で皮膚を削ってしまっている人も多いのです。

「洗顔は優しく丁寧に行っている!」というひとも、実は洗顔料などのなかに入っている洗浄成分でお肌に強い刺激を知らず知らずのうちに与えてしまっていることもあります。

お肌のためにしっかりケアをしているつもりでも、過度のケアによって逆にお肌を傷つけてしまうこともあるんですね。

また、特に皮膚が薄くなりやすいのは、頬や鼻です。

頬や鼻は顔の中で出っ張っている部分なので、摩擦や紫外線の刺激を受けやすいからです。

真夏に日焼けをすると、頬や鼻の頭が真っ赤に焼けて痛い思いをしたなんて経験、みなさんも一度はあるのでは?

また、皮膚が薄くなると水分を留めておくためのフタがなくなってしまいますから、保持していた水分が失われ、乾燥肌になります。

乾燥もまた外敵から刺激を受ける原因なので、上記同様、お肌に炎症を引き起こし、トラブルの原因となります。

ではそんな薄くなってしまったお肌や、炎症を起こしてヒリヒリするお肌を改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

次の記事では詳しい改善方法をご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です