一生懸命ケアしているのに肌がヒリヒリする!その原因とは?~改善編~

スポンサードリンク

前回の記事では肌荒れの原因をお伝えしました。

では、そんなお肌の悩みを改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

まずはお肌にうるおいを!

お肌が薄くなって敏感になっている人にとって大切なのは、お肌のうるおいをキープして、肌の自己再生力をうながすことです。

そのためにまずは化粧品・洗顔料を見直しましょう。

まず、乾燥肌の場合はお肌のバリア機能の低下を改善することが大切です。

炎症がある時は、通常のスキンケアをやめ、セラミドの補給や天然成分のオイルを使用して保湿や油分を取り込んであげることが必要です。

洗顔のし過ぎが逆に皮脂を取り過ぎてしまい症状を悪化させる原因になるので要注意です。

洗顔料は、合成界面活性剤の入っていない無添加のものを使用し、ごしごしこすらず、ぬるま湯で洗い流します。

そして洗顔後のケアも大切です。化粧水や乳液は、保湿能力の高いものを選びましょう。

特にセラミドは角質層で水分を保持する機能とバリア機能の両方を兼ね備えているので、皮膚の薄い人にはピッタリです。

敏感肌の場合はさらに丁寧に

敏感肌は乾燥肌がさらに進んでしまったものと考えるのが分かりやすいでしょう。

非常に敏感で常にヒリヒリしたりするためスキンケアも慎重になりがちですが、その結果、適切なケアができず悪化を招いていることも多いです。

敏感肌が悪化してしまうとセルフケアのみでは対処しきれなくなってしまうので、早い段階でしっかりと炎症対策とスキンケア対策に分けて行うことが重要です。

肌荒れが酷い場合はまず炎症を抑えることを優先します。

市販の塗り薬を使った自己治療や、皮膚科での治療を行いましょう。

炎症が治まってきたらお肌を回復させるために、保湿成分の入ったセラミド・天然オイルの補給や、きめ細かい泡で撫でるようにして優しく洗う洗顔でしっかり汚れを落としてあげるようにしましょう。

このとき、タオルでごしごし拭くのではなく、ポンポンと優しくたたくようにして水分を拭きと取ってあげると良いです。

洗顔後のケアもしっかり行いましょう。

スキンケア以外にもしっかりと

もちろん、スキンケア以外にも食生活や生活習慣を見直すことが大切です。

アルコール、たばこ、カフェインなどの嗜好品はなるべく避け、香辛料などの刺激物もは極力控えるのが良いでしょう。

またお肌の再生には十分な睡眠も大切ですし、ストレスをためすぎないよう解消法を見つけるのも良いですね。

血管を保護するビタミンCを積極的に摂取することや、紫外線対策もお忘れなく。

これらのケアでしばらく改善が見られない場合は、一度皮膚科を受診しましょう。症状に応じた施術と薬を処方してもらえます。

日々のケアや薬での治療どちらにも言えるのが『すぐに効果が実感できるわけではない』ということです。1~2日試してみて自分には合わないと諦めてしまうのではなく、まずは1~2週間と継続してケアすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です