ついつい食べ過ぎちゃう。その原因は脳にあった!

スポンサードリンク
ある日突然、無性にファーストフード店のハンバーガーとポテトを食べたくなること、ありませんか?
私も仕事中についつい食べたくなっちゃうことがあります。
そのなんとなく食べたくなっちゃうことこそが肥満につながる原因なのですが、「そんなことは言われなくても分かってる!」と思われるのはごもっともです(笑)
でも実は肥満は運動不足やストレスによる過食よりも、『なんとなく食べたくなってしまう』という脳の状態にこそ注意すべきだということは知っていますか?

脳は高カロリー好き!

前述の通り、なんとなく食べたくなっちゃうというのは脳が「ハンバーガー食べたい!」という信号を送っていることに他ならないのですが、その理由は至って単純で、『私たち人間の脳はカロリーの高い物を好む傾向がある』ということが研究によりわかっています。

カナダにあるマギル大学が発表した研究によると、私たちは何を食べるか考えているときに本能的にどの食べ物がカロリーが高く、脳が満足するかを過去の経験から無意識に判断しているんだそうです。

また、カロリーの高いもの(=美味しいもの)を食べることに対して、健康食品を食べるよりもお金を惜しまない傾向が強いのだそう。

ということで、ハンバーガーやポテトにどれだけのカロリーが含まれているかを脳が覚えていて、それを無意識に欲しているからこそ、仕事中のボーッとした瞬間に食べたくなってしまうということなんですね。

食べ物から得た栄養は血液の中を流れ、脳にたどり着きます。その情報を元に、脳はどの食べ物にどんな栄養素が入っているかしっかり記憶しています。例えば、しょっぱいものが食べたくなったときは、体内にミネラルが不足していることを知らせようとしています。ですが、そこで塩分を取りすぎてしまうと今度は病気のリスクを負ってしまいます。

これはカロリーの接種にも同じことが言えるわけですが、例えばダイエット中にカロリー表示などを気にしてヘルシーサラダを買ったとします。ただ、つけあわせのドレッシングのカロリーまでは気にしていない人、意外と多いのでは?

いくらサラダが低カロリーだとしても、足りない分を知らずのうちに補ってしまっているかもしれないということですね。

では、そんな私たちの脳のはたらき、言わば誘惑に負けないようにするためにはどうすればいいのでしょう?

誘惑に打ち勝て!気を付けるべき3つのこと

①空腹時の甘い誘惑に乗らない

お腹が減った状態で美味しい匂いを感じるとついつい吸い寄せられてしまいます。

空腹時はついついデザートやお菓子を買ってしまい、食事もお腹いっぱいになるまでついつい食べ過ぎてしまう…。そんな経験、みなさんも一度はあるのではないでしょうか。

言わずもがな、その『ついつい』が積み重なって肥満の原因になるわけですから、空腹になりすぎないようにチョコなどの軽いお菓子を携帯するのも1つの手かもしれません。

また、スーパーに買い物に行くときは必要なものだけを買うように事前に決めてから行くのも良い方法だと思います。ついつい買いすぎにはご注意を。

②食事のリズムを決める

1日3食(朝食、昼食、夕食)の食べる時間をある程度決めておくことで、余計な間食を避けられるようになり、自然と体もその時間にお腹が空くようになっていきます。

不規則な食生活を続けていると、お腹が空いたら食べる=食べ過ぎてしまうということにも繋がるのでまずは体にリズムを覚えさせてあげましょう。

③普段から高カロリーな食べ物を控える

どうしてもお腹がすいて何かを食べたいときにはリンゴやバナナなどヘルシーな食べ物で補ってあげましょう。そうすると脳も自然とお腹がすく=高カロリーという認識に結び付けにくくなっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です